卵巣がんの手術件数の全国病院ランキングです。2017年の実績ベース。卵巣癌専門の医師・名医がいる全国の病院が対象です。厚生労働省(厚労省)のデータに基づいています。 1位は東京のがん研有明病院。2位は仙台の東北大学病院、3位は兵庫県明石市の兵庫県立がんセンターとなっています。(医療・介護情報メディア「リトリート」編集部 大畑亮介)。

卵巣癌の手術件数ランキング(全国トップ30)~2017年実績

      
順位 病院名 手術数
1位 がん研有明病院
(東京)
179
2位 東北大学病院
(仙台)
80
3位 兵庫県立がんセンター
(兵庫・明石)
73
4位 国立がん研究センター中央病院
(東京)
65
5位 埼玉医科大学国際医療センター
(埼玉・日高)
62
6位 順天堂大学医学部附属順天堂医院
(東京)
61
7位 東京大学医学部附属病院
(東京)
58
8位 大阪大学医学部附属病院
(大阪・吹田)
57
9位 茨城県立中央病院
(茨城・笠間)
56
山形大学医学部附属病院
(山形)
11位 静岡県立静岡がんセンター
(静岡・長泉)
55
12位 東京慈恵会医科大学附属柏病院
(千葉・柏)
54
東京慈恵会医科大学附属病院
(東京)
岩手医科大学附層病院
(岩手・盛岡)
15位 筑波大学附属病院
(茨城)
52
埼玉県立がんセンター
(埼玉・伊奈)
千葉大学医学部附属病院
(千葉)
18位 東海大学医学部付属病院
(神奈川・伊勢原)
51
昭和大学藤が丘病院
(横浜)
20位 自治医科大学附属病院
(栃木・下野)
48
21位 手稲渓仁会病院
(札幌)
46
九州大学病院
(福岡)
23位 札幌医科大学附層病院
(札幌)
45
新潟大学医歯学総合病院
(新潟)
鳥取大学医学部附属業院
(鳥取・米子)
26位 大阪市立大学医学部附属病院
(大阪)
44
北海道がんセンター
(札幌)
28位 近畿大学医学部附属病院
(大阪)
43
29位 東京医科大学病院
(東京)
42
日本大学医学部附属板橋病院
(東京)
大阪国際がんセンター
(大阪)
岐阜大学医学部附属病院
(岐阜)
名古屋大学医学部附属病院
(名古屋)
愛媛大学医学部附属病院
(愛媛・東温)

卵巣がんと子宮がん(2012年、広島)

子宮がんは、子宮の入り口(頸(けい)部)にできる子宮頸がんと、奥の胎児が育つ部分(体部)にできる子宮体がんに分かれる。

子宮頸がんは、主にヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因で発症する。がんが頸部の表層にとどまっている0期(上皮内がん)では、一部を切り取る手術でほとんどが治り、子宮も残せる。

初期には自覚症状がなく、早期発見のためには検診が重要だ。軽度・中等度の前がん状態が見つかった段階で、HPVのどの型に感染しているか調べるのが「HPVタイピング検査」。特にがん化しやすい型の感染が分かれば、検診間隔を短くしたり、予防的に治療したりして悪化を防げる。

子宮体がんは、50代、60代で発症のピークを迎え、不正出血で発見されることが多い。治療は手術が中心で、放射線や抗がん剤治療を追加することもある。ごく初期で、妊娠を希望する場合はホルモン療法で子宮を温存する場合もある。

卵巣がんは初期には自覚症状がなく、検診での発見も難しいため、進行して見つかることも多い。抗がん剤が比較的効きやすく、手術前の抗がん剤で腫瘍を小さくしてから摘出する「術前化学療法」や、投与間隔を短くして投与量を増やす方法も試みられている。

ワクチン接種も効果的

子宮頸がんは、症状が出ない場合もあるが、性交後出血があったり、膣(ちつ)分泌物が増加したりする。発症の原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染。性交経験の低年齢化に伴い、若者の発症が増えている。早期発見のためにも20歳くらいから毎年、検診を受けてほしい。感染防止のため、小中学生の時に「HPVワクチン」を接種するのも効果的だ。

子宮体がんは、子宮内膜がんとも言われる。継続的に出血があるのが、一般的な症状。しかし、一度出血があり、その際の検査で異常が出ないこともあるので、注意が必要だ。生理ではない、もしくは、閉経前後に出血が続く場合は、細胞診で「異常なし」と言われても医師に相談してほしい。

卵巣がんは、気付いた時には進行しているケースが多い。腹部に違和感があったり、「最近、腹部が太ってきたな」と感じたりしたら、婦人科も受診してもらいたい。また、子宮内膜症という病気が増えている。子宮内膜症の嚢腫(のうしゅ)があれば、後にがん化する恐れがあるので、定期的な診断が必要だ。

子宮頸がんの治療で一般的なのは、手術や放射線療法。進行の度合いにもよるが、60歳代までは手術、70歳代以上は放射線になる。子宮体がん、卵巣がんは手術が中心だ。いずれも、MRI(磁気共鳴画像)やCT(コンピューター断層撮影法)の結果を診て、手術・化学療法・放射線療法を組み合わせ、最善の方法を選択する。

子宮頸がんの場合、手術の後遺症として排尿が困難になることがある。膀胱(ぼうこう)の機能を支援する神経を切断するためだが、当院では2004年からこの神経を温存する手術を実施している。多少の違和感は残るが、1年くらいで元の状態に戻る。

広島の医療機関別2011年~治療実績

医療機関名 | 子宮頸がん0期(人) | 子宮頸がん1~4期(人) | HPVのタイピング検査 | 子宮体がん(人) | 卵巣がん(人)

広島県 市立広島市民 111 49 50 22

広島大 42 49 29 31

国・福山 33 28 ○ 26 24

県立広島 42 24 ○ 23 29

国・呉 29 17 ○ 27 4

市立三次中央 19 3 10 9

中国労災 14 7 ○ 11 3

中電 40 5 ○ 10 4

藤井レディースク -- 7 ○ 5 3

福山市民 4 3 ○ 3 2

広島記念 22 2 ○ 2 3

広島女性ク 5 0 ○ 0 0

土谷総合 2 0 ○ 0 0

岡山県 岡山大 57 59 59 31

倉敷成人病セ 36 40 29 22

倉敷中央 13 18 ○ 14 26

川崎医大 9 17 13 13

山口県 徳山中央 67 21 ○ 23 14

県立総合 14 14 18 9

山口赤十字 35 12 ○ 14 4

「セ」はセンター、「国・」は国立病院機構、「ク」はクリニック、「-」は不明または無回答。(出典:読売新聞)